冨貴工房へようこそ

昔ながらの町並みを残す中津商店街。
ゆったりした時間の流れの中、昭和の香りが色濃く残った店構えからは、懐かしさと風情がにじみ出ています。

暮らしを支える衣食住に直接触れる時間。
自然界からの惜しみない恵みに感謝する時間。
一人ひとりの中に宿る創造性を輝かせ、祝う時間。

自給は田舎でするものというイメージがありますが、実際には味噌や醤油、染めや織りは都会で盛んに行われてきました。

当工房では、天然味噌、鉄火味噌、黒炒り玄米、茜染め、麻炭染め、麻褌作りなどを行っています。
また、家作り、野良仕事、畑仕事、マルシェなどを通じて住空間やコミュニティの自給を促進する場も開いています。

ものづくりに携われるという奇跡を祝いながら、暮らしのあり方を見つめていけたらと思います。

冨貴工房  冨田貴史

531-0071
大阪府大阪市北区中津3-17-12
fukikobo@gmail.com



Welcome to Fukikobo !!
We are located in a traditional shopping arcade in Nakatsu, Osaka, where old-fashioned townscapes remain in the middle of the city.
Atelier Fukikobo whose structure still keeping the Showa style reminds you of old life styles.
Cherishing"creative living" that is the source of joy for people to live as human, we aim to challenge our future lifestyle by having a direct relationship with our hands to the necessities of life, and giving gratitude to the gifts that support our lives.
At Atelier, we make Miso (fermented paste), Umeboshi (pickled plum), Iron flame miso(Tekkamiso), brown rice charcoal, Hemp Fundoshi (loincloth), and other clothes dyed with natural plants.
In order to convey values of these handicrafts, we create capacity for self publishing and community space by hosting community market, work share, community bank, and soybean cultivation club.
Address: 3-17-12 Nakatsu, Kita-ku, Osaka city, Osaka 531-0071
Phone: +81-6-6372-7281

冨貴工房へようこそ

にぎやかな都会の中に、昔ながらの町並みが残る中津商店街。

昭和の香りが色濃く残った店構えからは、懐かしさと風情がにじみ出ています。

人が人として生きる上での喜びの源である「創造的に生きること」を大切に、

私たちの暮らしを支える衣食住に手のひらの中で直接触れ、恵みに感謝することから、

これからの暮らしを見つめていきたいと思います。


「自給=田畑を耕すこと」と限定的に捉えると「町に暮らす私にはできない」というブレーキが働いてしまうかもしれません。

しかし実際は、味噌や梅干のような加工品、衣類、それらを流通させるマーケット、それらの価値を伝えるメディアやスペースも、自給することができます。

「何か一つでも自給を始めてみる」という行為そのものが、精神的な自立、安心感、自信、自分で考える心を育むことにつながると思います。

冨貴工房では、免疫力を高める衣食の自給として、鉄火味噌、茜染め、麻褌作りをワークショップ、ワークシェアという形で行っています。

また、土壁塗り、畑作り、種の貸し出しなどを通じて住空間の自給を体験する場も開いていきます。

どうぞよろしくお願いします。

冨貴工房 代表 冨田貴史


〒531-0071 大阪府大阪市北区中津3-17-12
 アクセス:阪急「中津」駅から徒歩3分 / 御堂筋線「中津」駅から徒歩8分 / 中津商店街内
06-6372-7281 / 080-6947-2491(冨田)
fukikobo@gmail.com