冨貴工房へようこそ

昔ながらの町並みを残す中津商店街。

暮らしを支える衣食住に直接触れる時間。
自然界からの惜しみない恵みに感謝する時間。
一人ひとりの中に宿る創造性を輝かせ、祝う時間。

冨貴工房では、天然味噌、鉄火味噌、黒炒り玄米、茜染め、麻炭染め、麻褌作りなどを行っています。

ものづくりに携われるという奇跡を祝いながら、暮らしのあり方を見つめていけたらと思います。

冨貴工房  冨田貴史

531-0071
大阪府大阪市北区中津3-17-12
fukikobo@gmail.com



Welcome to Fukikobo !!
We are located in a traditional shopping arcade in Nakatsu, Osaka, where old-fashioned townscapes remain in the middle of the city.
Atelier Fukikobo whose structure still keeping the Showa style reminds you of old life styles.
Cherishing"creative living" that is the source of joy for people to live as human, we aim to challenge our future lifestyle by having a direct relationship with our hands to the necessities of life, and giving gratitude to the gifts that support our lives.
At Atelier, we make Miso (fermented paste), Umeboshi (pickled plum), Iron flame miso(Tekkamiso), brown rice charcoal, Hemp Fundoshi (loincloth), and other clothes dyed with natural plants.
In order to convey values of these handicrafts, we create capacity for self publishing and community space by hosting community market, work share, community bank, and soybean cultivation club.
Address: 3-17-12 Nakatsu, Kita-ku, Osaka city, Osaka 531-0071
Phone: +81-6-6372-7281

4月21日  日本の暦と陰陽五行セミナー春の土用編 〜元気を回復して補気救脱〜


4月21日 

日本の暦と陰陽五行セミナー春の土用編
〜元気を回復して補気救脱〜


11時〜12時半  セミナー1 冨田貴史(暦と陰陽五行)
12時半〜13時半 養生ごはん 梅玄米粥と味噌汁
13時半〜15時  セミナー2 大成功晃太郎(元気回復∞補気救脱)


「最先端の肝臓ケア 春の土用の攻略法、夏の養生のコツをお話ししにいきます。関西の皆さま宜しくお願い致します😊✨」大成功晃太郎



参加費:5500円(昼食付き)

定員:8名

お申し込み:
申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/W6zpEDShsqVadeol1
または
冨貴工房メール:fukikobo@gmail.com

※イベントページの参加ボタンでは申し込みになりません。
キャンセルについて:http://fukikobo.blogspot.jp/p/policy.html



◎大成功晃太郎十字の漢方代表取締役
十字鍼灸院 院長
明治鍼灸大学卒 鍼灸学士
波動医学師
中医学、陰陽五行、漢方、鍼灸、養生訓、食事療法、カウンセリング、オーリングテストにより全国からの悩める患者さんを癒す。
また、全国各地にて地球暦を使うことで分かりやすくなる陰陽五行説のトークや、季節の養生セミナー、食育セミナー、お灸WS、放射能対策セミナー、オーリングテストセミナー、など精力的に行う。
また健康にまつわる歌を自ら作詞作曲してLIVEも行なっている。

◎十字の漢方https://www.woman-kanpou.com/

4月6日養生朗読茶会/4月7日麻麦のみそづくり 


4月6日(土)

養生朗読茶会
〜「公民」編〜



時間:11時〜15時

参加費:3000円(本、昼食、番茶付き)

第二回養生朗読茶会です。
三年番茶を焙煎しながらのお話。
自家製酵母によるパンと、自家製味噌による味噌汁と雑炊による昼食。
みなで音読しあいながらの語らいの時間。
お土産は「この本を一人で読む時用」の自分で炒った三年番茶。
今回のテーマは「公民」です。
憲法や、選挙や、法律の、その土台のはなし。
参加者みなさんに『あたらしい憲法のはなし』という本をお配りして、読み合わせをします。

この本は、1946年に学校で配られた副読本。
そして本を読みつつ、「裏の社会科」的な実情や、歴史的背景などについても語り合いましょう。
僕は「独裁政権から民主主義へ」(ジーン・シャープ)を紹介したいと思っています。


三年番茶:茶組(神農茶)
天然パン:pirate utopia
天然味噌:冨貴工房

お申し込み:
申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/W6zpEDShsqVadeol1
または
冨貴工房メール:fukikobo@gmail.com

※お申込み後のキャンセルについて:http://fukikobo.blogspot.jp/p/policy.html





4月7日(日)
『麻麦のみそづくり」

麦糀+大豆+海塩+コズミックヘンプ+ヘンプナッツで仕込みます。

11時〜15時

参加費:5200円(味噌2キロ、昼食つき)
※みそ追加持ち帰りは1キロにつき1600円。

11時〜12時半  おはなしとききみそ
12時半〜13時半 昼食(味噌汁+雑炊+持ち寄り歓迎)
13時半〜15時  みそづくり
15時〜     片付け・クロージング

お申し込み:
申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/W6zpEDShsqVadeol1
または
冨貴工房メール:fukikobo@gmail.com

※お申込み後のキャンセルについて:http://fukikobo.blogspot.jp/p/policy.html



2月24日 豆麹と麦糀と米糀とくるみのみそづくり

2月24日 
豆麹と麦糀と米糀とくるみのみそづくり




□時間 11時〜16時
11時〜12時半  お話
12時半〜13時半 ごはん(みそ汁+雑炊+持ち寄り歓迎)
13時半〜15時  みそづくり
15時〜15時半  片付け+クロージング


□料金 5000円
昼食付き+みそ2キロ持ち帰り
※みそ持ち帰り追加可能。(1キロにつき1500円)


□お申し込み受付

・メール(冨田)

1月31日 茜染めワークショップ @冨貴工房


1月31日
茜染めワークショップ
@冨貴工房


・茜染めとは
「衣服は大薬」という言葉があるように、服は薬 。
皮膚から直接、草木の薬効を取り込むことを「服用」と言いました。
衣服は、作って、着て、薬効が落ちてきたら染め直して、長年大切に使われてきました。
大地に根ざす茜の根は、漢方では血の働きを助けると言われます。
また、茜による自然な赤色は地上に降りた命が母親の胎内で見る色であるといわれており、子供の精神を沈静する効果があるといわれています。


◆内容
11:00〜12:00
茜を煮出しながらお話(草木染めについて、染め方など)

12:00〜13:00
お昼ごはん(雑炊と味噌汁を用意します。おかずの持ち寄り歓迎します。)
 &
染めの準備(たらいや染める素材など)

13:00〜16:00
茜染め(4回染めをする予定。変更するかもしれません。)

16:00〜16:30
片付けとしめくくり

16:30
クロージング

◆参加費
5000円(昼食付き)
※残席3です(1月22日現在)

◆当日染められるもの:
・しっかり染められるもの=150g以内(シャツ一枚くらい)
・軽めに染められるもの=状況次第ですが、たぶん150g以内
・自然素材を買えます
(ヘンプコットン生地(幅36センチ)・1メートル600円)
(ヘンプ五本指ソックス・1足1000円)


◆申し込み
メールか申し込みフォームからお願いします。
・メール
fukikobo@gmail.com
・フォーム
https://goo.gl/forms/0ciW5ixhESbecXWI3


◆材料の手配などの都合がありますので、直前のキャンセルはお控え下さい。


2018年末のワークショップスケジュール



2018年の年末、冨貴工房では以下のようなワークショップを開催します。

それぞれのお申込みは、冨貴工房メール(fukikobo@gmail.com)か、お申込みフォームからお願いします。


12月1日 みその話と米みそづくりワークショップ
時間:11時〜16時
料金:5000円(昼食付き+みそ2キロ持ち帰り)
11時〜12時半 みそのお話(味噌の効能、材料、作り方など)
12時半〜13時半 養生みそ汁とご飯(おかず持ち寄り歓迎) 
13時半〜15時半 みそ作り〜片付け


12月8日 和暦と暮らすワークショップ〜月のこよみと二十四節気〜
日本の暦についての理解を深めるワークショップです。
今回は、主に太陰暦(月のこよみ)と太陽暦(二十四節気)を丁寧にシェアします。
時間:11時〜15時
料金:3500円(みそしる昼食付き)
11時〜12時半 お話
12時半〜13時半 ごはん
13時半〜15時 お話


12月9日 みその話と豆米みそづくりワークショップ
時間:11時〜16時
料金:5000円(昼食付き+みそ2キロ持ち帰り)
11時〜12時半 みそのお話(味噌の効能、材料、作り方など)
12時半〜13時半 養生みそ汁とご飯(おかず持ち寄り歓迎) 
13時半〜15時半 みそ作り〜片付け


12月19日 和暦と暮らすワークショップ〜五つの季節と体の変化〜
時間:11時〜15時
料金:3500円(昼食付き)
11時〜12時半 お話
12時半〜13時半 ごはん
13時半〜15時 お話



12月22日 養生鉄火味噌づくりワークショップ
時間・料金未定


12月23日 福島第一原発収束作業員に届ける鉄火味噌づくり
時間未定
無料(カンパ 受け付けます)


12月26日 和暦と暮らすワークショップ〜季節の移ろいと食材と料理〜
時間:11時〜15時
料金:3500円(昼食付き)


12月27日 みその話と玄米みそづくりワークショップ
時間:11時〜16時
料金:5000円(昼食付き+みそ2キロ持ち帰り)
11時〜12時半 みそのお話(味噌の効能、材料、作り方など)
12時半〜13時半 養生みそ汁とご飯(おかず持ち寄り歓迎) 
13時半〜15時半 みそ作り〜片付け


■申込み受付

・メール
fukikobo@gmail.com

お申込みフォーム

11月3日 弁柄染めとお茶とごはん〜暮らしの中で衣服を作る〜



11月3日
『弁柄染めとお茶とごはん〜暮らしの中で衣服を作る〜』




暮らしの中心にある衣食住。

みなで集い合って、炊事、洗濯、掃除、染織をしていく暮らし。
衣服、ご飯、暮らしの道具を、暮らしの中で作ること。
そうすることで、人と人、暮らしと暮らしの距離が近くなっていきます。

つながりあって生きる暮らしを支える、ものづくり。
ひとりでは難しくても、集い合えばできることがあります。
いつも出来なくても、時折り集って、手を動かすこと。
お茶でも飲みながら。
ご飯を囲みながら。

温かい空気の中で、心を込めて、ものを作り、暮らしに取り入れていく。
そんな時間を一緒に作れたらと思います。

こちらで用意する布素材か、持ち寄りの布や衣服、農具や工具を弁柄染めできます。


ふるってご参加ください。



◎内容
午前:自然栽培のお茶を楽しみながら、染めと暮らしについての茶話会。
昼食:みそ汁と雑炊を用意します。おかずは持ち寄りで。
午後:衣服、農具、工具を弁柄染めするワークショップ。
   1つのアイテムを染める所要時間は30分以内なので、
   合間にお茶でも飲みながら、リラックスして作業出来ます。

◎時間
11時〜16時


◎会場
冨貴工房
大阪市北区中津3-17-12(中津駅から徒歩)


◎参加費
4500円(昼食代、お茶代込み)


◎スケジュール
11時〜12時  お茶と語らい〜暮らしの中で衣服をつくる〜
12時〜13時  昼ごはん〜養生と発酵と持ちよりごはん〜
13時〜15時  お茶とお菓子と染め〜弁柄で衣服と農具を染める〜
15時〜16時  片付け〜締めくくり


◎お申込み先
冨貴工房
fukikobo@gmail.com
※イベントページの参加ボタンでは申込みになりません。


◎弁柄染め講師 
小渕裕(古色の美)


◎染める素材について
・こちらで用意する素材:
手ぬぐい、リサイクルコットンの靴下、オーガニックコットンのタオル、インドコットンのストール
・布、衣服を持参いただく場合:
自然素材のものをおすすめします。オススメのサイズは100cm✕100cm以内。
それ以上だと、作業そのものが大変そうです。
・農具・工具を持参いただく場合:
金属は染まりませんが、木は染まります。型染めがオススメです。型はいくつか用意します。


◎お茶の提供
西尾和隆(茶組 / 神農茶)
自然栽培のお茶を提供します。


◎お茶うけの提供
むすび食堂
自然素材を使ったお茶うけを提供します。
https://www.facebook.com/musubisyokudo/


◎小渕裕ベンガラ染め工房「古色の美」で10年以上の経験を持ち、テキスタイルデザインにおいて高い評価を得るアーティスト。国内のみならず、台湾やニューヨークなどでもワークショップを展開中。
古色の美サイト:http://www.kosyokunobi.com/

◎西尾和隆
奈良在住。自然栽培の三年番茶作っている。
里山に住み、薪火で料理し暖を取り、天ぷら廃油の車とエネルギー自給率高め。
茶畑の管理に、『大地の呼吸を取り戻す!大地の再生』を実践している。


◎むすび食堂
食と人をむすぶ
都と郷をむすぶ
人と人をむすぶ
ご縁をむすぶ
そんな想いで誕生しました。
2014年3月28日 開店
JR甲南山手駅から南へ徒歩3分。


※午前のみ、午後のみ参加希望の方、応相談です。
※お申込みはメールでお願いします。
※材料手配などの都合上「キャンセルについて」をご一読ください。
http://fukikobo.blogspot.com/p/policy.html

9月23日 『いのちとみそのお話と玄米みそ作り』

9月23日
『いのちとみそのお話と玄米みそ作り』





久々の冨貴工房みそ作りワークショップです。
午前中は大豆を茹でながら、いのちとみそのお話。
お昼は各地のみそをたしなみながらの養生みそ汁付き持ち寄りご飯。
午後は、玄米こうじを使った玄米みそを仕込みます。
心機一転の冨貴工房みそ作りにふるってご参加ください。


11時〜12時半 いのちとみそのお話
12時半〜14時 みそ食べくらべと持ち寄りご飯
14時〜16時  みそ作り


◎参加費
5000円(みそ2キロ持ち帰り / みそ汁&雑炊付き) 
※みそ追加持ち帰りを希望される方はなるべく事前にお知らせください。
(1kgあたり1500円)
※お昼ご飯は持ち寄り歓迎ですが手ぶらで全然構いません。
※途中参加、途中退出も歓迎(参加費は応相談)。

◎参加申し込み先
fukikobo@gmail.com(冨貴工房・冨田)
※イベントページの参加ボタンでは申込みになりません。

◎原材料
玄米こうじ  12kg
大豆     6kg
海塩    2.4kg
麻炭     適量
アメ     適量
ほか

Facebookイベントページ